ハーレーライダーも気になるタイヤの交換時期!溝の擦り減り具合でカスタムショップに相談

ハーレーのタイヤ

ハーレーユーザーにとって気になるのが、タイヤの交換のタイミングではないでしょうか。
安全走行を維持するためにも、適正な空気圧やしっかりとした溝があることが理想的。タイヤはバイクパーツの中でも、唯一地面に接しているだけに、他の部品より劣化しやすいのも事実です。走れば走るほどに劣化が進んでいきますので注意しましょう。放置することで、破裂してしまう可能性もありますので、そうなる前に交換することが求められます。

ハーレーのタイヤにも、劣化防止剤が入っています。劣化防止剤の働きにより、タイヤの性能は保たれていますが、時間の経過とともに、抜けていくのが現状です。そのため、劣化がどんどんと進んでいくことになります。概ねタイヤの寿命については、4~5年とされており、段々とゴムが硬化したり、溝が減ったりするなどの不具合が生じてくるものです。あくまでも、4~5年というのは目安であり、それ以前であっても、交換が必要となるケースも少なくありません。まだまだ購入して間もない場合でも、溝の擦り減りやひび割れなどが見られる場合、早めに対応するようにしましょう。

「スリップサイン」について知っておくことも重要。スリップサインとは溝の中にある、少し盛り上がった部分のことです。溝が擦り減っていくと、次第にスリップサインが目立つ仕組みになっています。特別な知識やスキルがなくても、スリップサインはわかりますので安心です。
タイヤについて何か気になる点がある場合には、カスタムショップに相談してみるのも良いでしょう。交換のタイミングの見分け方もさることながら、毎日のメンテナンスや点検方法なども教えてくれます。

ハーレー白黒フォト