ハーレーのミラーやグリップを自分で交換

自分でカスタム

ご存知のように、ハーレーは世界的に有名なアメリカンバイクで、日本にも多くの愛好者がいます。ハーレーは運転するだけではなく、自分自身でカスタムするのも楽しみ方の一つです。
カスタムショップでハーレー用のパーツを購入することが出来るので、自分だけの一台に仕上げることが可能です。趣味に特化したカスタマイズも可能ですが、操作性の向上を目的としたパーツ交換を行うことでより快適に走らせることが出来ます。

ハーレーの運転についてはハンドルのグリップが操作性を大きく左右する点を理解することが大切です。グリップの握り具合の良し悪しがハーレーの操作の良し悪しに繋がることから、自分の手に馴染む形状のグリップを選ぶことを心がけます。
多くのメーカーがハーレー用のグリップを販売しているので、デザインや耐久性、価格などを踏まえて判断するのが長く使うコツです。

ハーレーのミラーは方向転換する際の安全確認に不可欠なパーツです。
購入時に付いているミラーは視界が広く見やすい作りになっていますが、長く走らせているうちに鏡面の曇りやひび割れ、結合部分の劣化による脱落といった不具合に見舞われることがあります。トラブルに至る前に交換するのが安全運転の条件ですが、実用性と同時に好みのデザインに作られているパーツを選ぶことでツーリングをより楽しめるようになります。

交換用のミラーも他のカスタムパーツと同様に様々なメーカーから販売されているので、好みの一品を選ぶことによって愛車を美しく仕上げることが可能です。