北米マフラー 特徴

マフラーは北米

ハーレーと魅力といえばカスタムというほどに、ハーレーのカスタムは楽しいものです。自分好みのボディ・エンジン・シート・電気系統などなどありとあらゆる部分の様々なカスタムパーツが揃っています。

そんな中、ハーレーのカスタムをするなら、まずマフラーともいわれるようにマフラーの種類は非常に多いです。見栄えを良くする、排気の時の音の迫力が増すなどといったことだけでなく、実際の乗り味にも影響する非常に重要なパーツであるといえます。

そのマフラーには種類があり、日本純正マフラーと北米マフラーと呼ばれる2つのものがあります。

日本純正の物は排ガス規制や音量規制に対応するため排気口径が絞られておりその分パワーやトルクも抑えられてしまっています。一方北米マフラーはアメリカやカナダでの使用のもので、日本純正のものよりパワーやトルク性能が上です。燃費の向上が図れるほか、ハーレーが持つ乗り味と重低音が楽しむことができるハーレー好きならぜひ押さえておきたいパーツの1つです。

ハーレー独特の重低音が楽しめないからと日本仕様の社外品を購入したところ、音が大きすぎて近所などから苦情が来るということも少なくないようです。その点北米マフラーの場合は、音質が良いせいか、日本の社外製のものに比べ、大きな音を出してもあまり不快に感じられることが無いようです。長距離を走行した時の疲労感が少なくなったとの口コミもあり、評判は上々です。

さらに北米マフラーをパンチアウト加工といわれる施工をすることにより性能を上げることが出来ます。この加工は熟練した職人でないと困難なものなので、プロにお任せするのが良いでしょう。ただし、北米マフラーでは日本の車検に通りませんのでその点に注意しましょう。