ハンドル交換の際には配線の変更や調整が必要

個性的なハーレー

ハーレーのカスタム化と言えば、まずはハンドルの交換を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ハンドルはバイクのイメージを大きく左右するパーツのひとつであり、バイクの雰囲気を自分好みに変化させることができます。

ゆったりと乗りたい人にはチョッパータイプのハンドルが、スポーティーに乗りたい人にはセパレートタイプのハンドルが、それぞれ人気が高いようです。ただしハンドルにはバイクの乗車した状態で操作ができるように、ライトやウィンカーなどの各種スイッチ類が取り付けられているため、ハンドルの交換時には配線の変更や調整が必要になります。

例えばアップライトな乗車姿勢になるチョッパータイプのハンドルに交換する場合には、純正状態で装備された配線では長さが足りなくなります。そのような場合には純正よりも長い配線を調達して、ハンドルと合わせて配線を交換することが必要です。前傾姿勢のセパレートタイプのハンドルに交換する場合には、逆に純正の配線では長さが余ってしまうことになります。多少であれば配線が余っても機能的には問題ありませんが、見た目が気になる人は短い配線への交換を検討してみてください。

人気の高いカスタム化の手法としては、ハンドル周りの配線をハンドルパイプの中に通してしまう方法があげられます。見た目がスッキリして格好良くなりますし、配線が風雨にさらされないため耐久性が高くなることや、洗車の際に配線が邪魔にならないといったメリットがあります。
ハンドルパイプの中に配線を通すためにはテグス(糸)や針金などを使用しますが、配線のカバーを外す作業や配線を通す穴を開ける作業などが必要になりますので、自分での作業に自信がない人は専門ショップに依頼しましょう。