ディーラーよりもカスタムショップの方が工賃お得

ディーラーよりカスタムショップ

ハーレーをより自分に合わせてカスタマイズしたい場合は、ディーラーよりもカスタムショップに依頼することをおすすめします。それはカスタムショップの方が工賃が安いからです。基本的にディーラーではハーレーのカスタマイズは行わないのが一般的です。大抵はディーラーと契約している工場にハーレーが運ばれて、そこでカスタマイズが行われます。そのため、カスタマイズにかかった費用に加えて、仲介をしたディーラーの手数料も加えた金額が持ち主に請求されるため、どうしても割高になります。

これに対してカスタムショップの場合は、そのお店でカスタマイズしてくれることが多いです。ショップにいるスタッフがハーレーのカスタマイズをしてくれるので、工賃はカスタマイズに使用した部品の費用とスタッフの人件費だけとなります。中間業者がいないため、同じカスタマイズにも関わらずカスタムショップの方が工賃を抑えられるのが特徴です。また、カスタムショップの方が出来上がるまでの期間が短いのもメリットです。ディーラーの場合は工場にハーレーを搬入し、出来上がったら回収する必要があります。金曜日の夕方にカスタマイズが終わった場合でも回収が翌週の月曜日になることがあるため、ハーレーを受け取るまでの間に若干のタイムロスが発生してしまいます。カスタムショップであれば、ハーレーを搬入したショップでカスタマイズをしてくれるので出来上がれば持ち主に連絡が行き、受け取ってすぐに乗ることが可能です。